Comments コメント

  • あなたも観るべき強烈な作品。私は好きだ。ガス・ヴァン・サント(映画監督)
  • 『鉱 ARAGANE』は暗闇の交響曲であり、塵と深度の感覚的な世界への旅だ。アピチャッポン・
    ウィラーセタクン(映画監督)
  • わたしたちは単なる坑道の壁を見ているだけではなく、坑夫たちの夢の重なりを見ているのだと言えないだろうか。つまり、沈殿した「映画」のかけらの堆積を観ているのだと。樋口泰人 (映画評論家・爆音映画祭ディレクター)
  • これは詩だ。闇の中で言葉以前の音と光と汗とが激しくぶつかり合い、打ち震える。これを観た誰もが、自分の中の詩的鉱脈の存在に気付くだろう。これは見知らぬ炭鉱ではなく、我々自身の精神の地下世界なのだ。 吉村萬壱(小説家)
  • 近代を支えた深奥へ。
    そこで震えやむきだしの音を体感し、闇を切り裂く光を目撃する。
    ヘッドランプをつけた坑夫だ。
    しかし、逆光ゆえに、彼らの顔を正面からとらえることはできない。
    その姿は異界の聖人のようだ。
    五十嵐太郎(建築評論家)
  • 小田香さんとは作品を観る前に一度会ったことがある。
    不敵な笑みの堂々たる女傑という印象で、それは『鉱 ARAGANE』を観て、改めて当然だと思った。
    光のない地の底に引かれたレールを、不気味な軋みを響かせ、ゆっくりと貨車が動く。
    延々と捉え続けるそのショットに、生命が死に絶えた世界をはじめて見た気がした。
    七里圭(映画監督/『眠り姫』)
  • 丁寧に写された瞬間の連続によって、地底の世界が描かれていく。魅入ってしまうと同時に、どれほど過酷な状況に身を晒していたのだろうと思いを馳せる。
    轟音と振動の止まない暗闇に居ながらも、小田さんの眼差しには「潔さ」と「繊細さ」の両方が持続し続けている。
    小森はるか(映像作家/『息の跡』)
  • 小田 香は新しい世界を発見しているのか。
    それとも、創り出しているのだろうか?
    明らかに、両方である。
    ジョナサン・ローゼンバウム(映画批評家)
  • サラエボのfilm.factoryにゲストとして訪れた際にこの映画を観た。
    小田 香は勇敢にも地中深い坑に降りて男たちを追い、厳しい労働のイメージを私たちに届けた。
    私は感銘を受けた。すばらしい映画だ。
    ジェームス・ベニング(映画作家)
  • この古いボスニアの炭鉱の深い坑道の中、ツルハシと勇気をもって、男たちは石炭を採掘する。
    この古いボスニアの炭鉱の深い坑道の中、ヘッドライトとカメラと真の正直さをもって、小田 香は純金を掘り出した。
    混じり気のない、映画的で人間的な黄金だ。
    ティエリー・ガレル(アルテ・フランス/
    ヨーロピアン文化チャンネル前ディレクター)

10月21日(土)〜 新宿 K’s cinemaにてロードショー

ページトップヘ戻る